胃・肝臓にも効果

フコダインフコイダンの効果には免疫を高める効果があり、抗アレルギー効果なども期待されています。しかし他にも胃を守る効果や肝臓機能を高める効果も期待されているのです。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌。最近では胃がんの原因にもなると言われています。

フコイダンの研究によって、このピロリ菌を除菌できることが発表されました。フコイダンに含まれている硫酸基が胃の粘膜にも存在しており、ピロリ菌はこの硫酸基が大好きなため、硫酸基に吸い付こうとします。フコイダンが胃の中に入ると、ピロリ菌は硫酸基と思ってフコイダンに吸い付くのです。フコイダンに吸い付いたピロリ菌はそのまま腸内に流れていき、生息できなくなり殺菌されてしまうのです。

また肝機能の向上効果もあると言われています。ガゴメ昆布由来のフコイダンによる臨床試験により、HGF(肝細胞増殖因子)の産生を促進させる働きがあることが判明。HGFは、肝臓細胞の再生や、いろいろな器官の組織や上皮細胞の再生に働きます。痛んだ肝臓細胞の修復に働くため、肝機能向上が期待されているのです。肝臓はいろいろな働きがあり、ストレス、加齢、お酒などによって機能が低下しやすい器官。そのため肝機能を高めるフコイダンは生活習慣病予防にもつながります。こうした機能向上を期待してフコイダンのサプリメントなどを摂取するのも一つの方法といえるでしょう。

推奨リンク⇒⇒⇒フコイダン
(フコイダン配合の健康食品を販売しているサイトです。)

Pocket