胃・肝臓にも効果

フコダインフコイダンの効果には免疫を高める効果があり、抗アレルギー効果なども期待されています。しかし他にも胃を守る効果や肝臓機能を高める効果も期待されているのです。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌。最近では胃がんの原因にもなると言われています。

フコイダンの研究によって、このピロリ菌を除菌できることが発表されました。フコイダンに含まれている硫酸基が胃の粘膜にも存在しており、ピロリ菌はこの硫酸基が大好きなため、硫酸基に吸い付こうとします。フコイダンが胃の中に入ると、ピロリ菌は硫酸基と思ってフコイダンに吸い付くのです。フコイダンに吸い付いたピロリ菌はそのまま腸内に流れていき、生息できなくなり殺菌されてしまうのです。

また肝機能の向上効果もあると言われています。ガゴメ昆布由来のフコイダンによる臨床試験により、HGF(肝細胞増殖因子)の産生を促進させる働きがあることが判明。HGFは、肝臓細胞の再生や、いろいろな器官の組織や上皮細胞の再生に働きます。痛んだ肝臓細胞の修復に働くため、肝機能向上が期待されているのです。肝臓はいろいろな働きがあり、ストレス、加齢、お酒などによって機能が低下しやすい器官。そのため肝機能を高めるフコイダンは生活習慣病予防にもつながります。こうした機能向上を期待してフコイダンのサプリメントなどを摂取するのも一つの方法といえるでしょう。

推奨リンク⇒⇒⇒フコイダン
(フコイダン配合の健康食品を販売しているサイトです。)

Pocket

免疫力アップ効果

サプリフコイダンは今注目の健康成分としてサプリなどでも人気が高まっています。このフコイダンの効果についてご紹介したいと思います。まずやはりフコイダンが注目された一番の効果として、わたしたちの免疫力を高めるという効果です。

自分の持っている治癒力や病気の予防力こそ、なによりも大切なのではないでしょうか。予防医学の上からも、免疫機能を高めることはとても重要であり、今とても注目されている医療の一つでもあるのです。免疫機能にはナチュラルキラー細胞やマクロファージなど、免疫細胞が活性化することがマウス実験で報告されています。

特にガゴメ昆布に含まれているフコイダンは、臨床試験においてもNK細胞の活性化が確認されているのです。NK細胞は全身パトロールをしながら、体内にウイルスや病原体などの外敵が侵入したときや、癌などの異常な細胞が発生したときには、速攻攻撃するという力強い免疫細胞。さらに、NK細胞は常に病気の発生や悪化を防いでおり、フコイダンはこのNK細胞に対する活性パワーが高いのです。またフコイダンは優秀な水溶性食物繊維なので、腸内環境を整え便秘を改善します。腸内には免疫細胞の約6~7割が存在しており、腸内環境が良い状態になれば腸内に存在する半分以上の免疫細胞は活性化するのです。

Pocket

フコイダンについて

健康食品にはさまざまな成分がありますが、その中でも今注目されているのがフコイダンです。しかしフコイダンはなぜ注目されているのでしょう。一番注目されている効果は、自然治癒力の正常化です。つまり自力の治癒力が高まれば、どんなものを摂取するより健康的だということになります。つまり免疫力が高くなることが最大の健康効果なのです。そしてフコイダンの研究が進む中でフコイダンに免疫力を高める効果があるという報告がどんどん増えているということなのです。

わかめ元々免疫力とは人間が持っている自己防衛機能の一つですが、この機能が低下することで癌などいろいろな病気に体が冒されてしまいます。しかし免疫力が高まれば自己治癒力も高まり、病気になって人も回復に向かう力がパワーアップするわけです。ストレスによる免疫低下、食生活の乱れによる免疫低下、加齢による免疫低下など、免疫が低下する原因がたくさんあります。

フコイダンそんな現代社会の中で、免疫力の低下を防ぎ、免疫力を良い状態に保つという働きがあるのです。そのため健康食品だけでなく、医療関係や美容関係からもさまざまな応用が研究が行われています。特に抗癌作用が注目を集めました。日本人は癌が死因の1位ということもあり、癌にならないための成分にはとても敏感です。特にワカメなどの海藻は昔から大好きな国民であり、あのヌルヌルにそんなすごい効果が含まれていたことに、驚きと親しみを感じているのではないでしょうか。

Pocket